クラウドは運用不要?

クラウドのインフラは冗長化され、自動的にサーバが復旧することがほとんどで、障害対応については管理者が手をかけることが少なくなっています。
障害対応を基本とした現状維持の管理ならば、専属の管理者を置かずに、他の業務との兼任で対応可能であると思います。
ですが、クラウドサービスは日々進化しています。
その進化に乗り遅れると、折角のクラウド利用のメリットを生かしきれていない可能性があります。

弊社では、お客様のサーバを運用していく中で、それらの新サービスを積極的に活用していきます。
以下には、クラウドサービスでのありがちなケースをご紹介します。

高性能・低コストの仮想サーバの出現

新しい世代の仮想化基盤が追加されると、性能向上や利用料金の削減が見込めます。
ただ、単純に世代を変更することができず、ドライバの追加等の設定変更が必要な場合もあります。
一度その機会を逃すと、次の世代、さらにその次の世代への変更も先送りになってしまうことも少なくありません。
そのような悪循環に陥ってしまいますと、コスト削減の機会を失っていることになります。

セキュリティサービスの追加

オンプレミスでは高価なアプライアンスが必要であったセキュリティ対策については、クラウドでは標準機能もしくは低コストで実施できるサービスが追加されています。
例えば、AWSのTrusted AdvisorやGuardDuty、AzureのSecurity Centerを使用することで大幅にセキュリティレベルを向上させることができます。
これらは新しいサービスで、しかも日々新しい機能がアップデートされています。
導入の敷居が低くなりましたが、セキュリティは専門知識が要求され、さらにクラウド固有のセキュリティサービスを把握するために多くの時間を費やすことになります。

運用負担を軽減できるサービスへのリプレース

サーバが増えてくるとローカルアカウント設定が手間になってきませんか?二重化されていないファイルサーバの障害に悩んでいませんか?
クラウドで提供されるDirectory Serviceやファイルサーバサービスに置き換えることができるかもしれません。
過去にはできなかったのに、いつのまにかできるようになっている・・・というのはクラウドのよくあるパターンです。

弊社の運用サービス

サービス概要

お客様のクラウド基盤やサーバ等に関する、次のような運用をお客様に代わって対応いたします。

障害一次対応

手順書に基づく障害復旧、関係者へのメール・電話通知を実施します。
また、24時間365日の対応も可能です。

障害二次対応

障害発生時の原因調査、解決策のご提案・実施を実施します。また、各種サポートへの問い合わせ代行も可能です。

セキュリティアップデート

OSやミドルウェアのアップデート調査・検証・実施を実施します。
脆弱性の影響範囲や対象の調査も対応可能です。

設定・チューニング

クラウド基盤、OSやミドルウェアの設定変更やチューニング等を実施します。

定期作業/ご依頼ベースの作業

アカウントの追加やファイアウォールの設定変更等のご依頼ベースの作業を実施いたします。

最新技術・サービスのキャッチアップ

弊社では、お客様のサーバ構成や用途を把握して、継続的に新サービスに置き換え可能かご提案いたします。

例えば、2017年〜2018年では以下のようなAWSの新しいサービスの採用や置き換えを行なっています。
定期的にサーバ環境を見直すことで、クラウドのメリットを享受できます。

  • RDS Aurora対応
  • Classic ELBからALBに変更
  • ELBのSSL/TLSリダイレクト対応
  • VPC Private Link対応
  • CloudWatch エージェントのアップデート(統合版へ)
  • NLBのクロスゾーン対応
  • Linuxを含むDirectory Service対応(アカウントの統合管理)
  • ログをS3からCloudWatch Logsに集約(RDS含む)
  • AWS Time Syncサービス対応
  • nitroインスタンス対応(ENAモジュール追加)
  • スナップショットバックアップ方式変更(OpsAutomator)
  • RDS削除保護設定の実施
  • スナップショットバックアップ方式変更(Data Lifecycle Manager)

マルチクラウド、オンプレミス仮想環境対応

国内外問わず、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、IIJ GIO、IDCFクラウド、ニフクラ、さくらのクラウド等の、様々なクラウドサービスに対応しております。
また、オンプレミス環境のVMwareの仮想サーバや、クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境にも対応可能です。
(リモート管理のみの対応となります。)

Windows Server/Linux両対応

Windows ServerとRed Hat Enterprise Linux ServerやCentOS等のLinuxのどちらか、あるいは混在環境に対応しております。
また、以下のような各種ミドルウェア・アプリケーションの運用に対応しております。

  • Webサーバ・・・Apache/nginx
  • アプリケーションサーバ・・・Java/Tomcat/PHP/Ruby/Python
  • DBサーバ・・・Oracle Database/MySQL/MySQL Cluster/MariaDB/PostgreSQL/MongoDB
  • 業務基幹系・・・アンチウィルス管理サーバ/セキュリティ管理サーバ
  • その他・・・memcached/redis/Elastic Search/kibana/fluentd

上記以外のミドルウェア・アプリケーションソフトウェアの運用についてもご相談ください。

特定サービスのみ運用

WebやAPサーバ等の運用は必要ないものの、データベースや特定のサービスや機能に関する設定や障害対応に不安があるようでしたら、それのみに限定した運用も可能です。
※稼働状況の詳細を把握するために、追加の設定や監視が必要となる場合があります。

例えば、以下のようなサービス単体、あるいは組み合わせの障害対応やチューニングを実施いたします。

セキュリティ全般運用

AWSのTrusted AdvisorやGuard Duty、AzureのSecurity Center等

Web Application Firewall(WAF)運用

AWS WAF、AzureアプリケーションロードバランサーのWAF、各種SaaS型WAFの調査、設定変更や問い合わせ対応

データベース運用

Oracle Database、MySQL、PostgreSQL等

リーズナブルな価格体系

以下のような対応工数が少ないサーバでは価格を抑える等、構成や用途に応じて、リーズナブルな価格体系を用意しております。

  • RDS等のPaaS
  • 冗長化構成
  • 設定変更やクリティカルな対応の少ないテスト・開発サーバ等
  • 特定機能・サービスのみの運用・保守

具体的な金額につきましては、実際のサーバ構成に応じてお見積もりいたしますので、お問い合わせフォームよりご依頼ください。